大は小を兼ねない!?~ガリバー犬の憂鬱 カルテット動物病院日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高濃度酸素集中治療室(ICU)の導入」




高濃度酸素集中治療室、いわゆる「ICU」を導入しました。


ICU01.jpg


心臓疾患や呼吸器疾患をはじめとするあらゆる重篤症状や、
手術前後の管理に使用します。


高濃度酸素の供給はもちろん、
温度、湿度もコントロールできるので、
体力の衰えた動物の回復を助ける、ストレスを出来るだけ抑えた治療環境が整えられます。



同時に、
院内の入院施設も増え、
最大、中型・小型犬、猫あわせて19頭、
大型犬4頭お預かりすることができるようになりました。





ICUも下の二部屋をつなげれば大型犬も対応できます。

それをお示ししたいのですが、
あいにく75kgのアスランしかいないので、アスランに入ってもらいました、、、


「アスラン、おいで!」


ICU02.jpg








「アスランだってイザって時が来るかもしれないからね、
知っておく必要があるんだよ」


ICU03.jpg









結果、
なんとかギリギリ入ってるかな?


ICU04.jpg










と、いうことは、

考察その1、
30~40kgぐらいのゴールデンレトリーバークラスのワンちゃんであれば、
余裕で入るってことがわかりました♪

よかったよかった!


ICU05.jpg







でも、
やっぱアスランはギリギリ、、、


ICU06.jpg



考察その2、
アスランもギリギリ入るけど、
出来るだけ病気でICUに入らないように、
日頃から「より」健康に気を付けないといけないということもよくわかりました(^_^;)



(Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://quartet0304.blog.fc2.com/tb.php/118-c5134be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。