FC2ブログ

大は小を兼ねない!?~ガリバー犬の憂鬱 カルテット動物病院日記

「院内セミナー報告」





共立製薬様にお願いをして、院内セミナーを行いました。


今回は、

1)「インタードッグ(インターフェロン)」

2)「犬と猫の血液型と輸血について」

でした。


20131206院内






現在、がん治療の主流は

「外科療法」
「化学療法(抗がん剤)」
「放射線療法」

の「三大療法」といわれるものです。

当院でもその基本は変わりません。


その中、近年第四のがん治療として「免疫療法」が注目されています。

これはもともと自身が持っている免疫細胞の機能を高め、その免疫細胞にがん細胞を攻撃させるものです。


三大療法を基本に、QOL向上させるための選択肢の一つになればと思います。




輸血治療は今年の3月に開院して、これまで2例すでに行なっています。

血液型を調べることは、より安全な輸血や、確実な交配において重要ということがわかりました。

緊急性などを踏まえ検討していきたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://quartet0304.blog.fc2.com/tb.php/82-102df94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad